MIL|インタラクティブ動画編集サービス

タップで見えるもうひとつの世界「スイッチング機能」をリリースしました。

2019年12月18日【お知らせ】

タップで見えるもうひとつの世界「スイッチング機能」の提供を開始しましたことをお知らせいたします。

スイッチング機能により、二つの映像をタップにより切替えができ、二面性を活用して世界観をより表現するインタラクティブ動画の制作が可能になります。

【スイッチング機能の概要】
インタラクティブ動画編集プラットフォーム「MIL」でこれまで提供してきた機能に加え、二面性のある2つの動画(A動画とB動画)を視聴者によるタップで、シームレスに切り替えることが出来ます。映像の表示形式は「タッチ」と「ワイプ」の2種類で設計が可能です。

<タッチ形式>
視聴者から見た画面上に、一つの画面が表示されています。A動画が映し出されている画面を視聴者がタッチすると、タッチしている間はB動画が映し出されます。視聴者がタッチをやめるとA動画に戻ります。

<ワイプ形式>
視聴者から見た画面上に、二つの画面が同時に表示されています。A動画が大画面で映し出され、その画面の下部に小さいワイプ画面としてもう一つのB動画が映し出されます。視聴者が下部のワイプ画面をクリックすると、A動画とB動画を切り替えて表示することができます。ワイプ形式では、情報を埋め込むタグ付けや、ストーリー分岐などの通常の編集機能も併用できます。

▼スイッチング機能の特徴
1.二つの動画が切り替わることにより視聴体験の深度が上がる
視聴者がタッチすることによって、二面性のあるA動画とB動画がシームレスに切りかわるため、切り替える操作感、映像が変わる爽快感、タッチで音が指に伝わる振動覚など、より動画への参加性が増します。

2.終了画面をそれぞれ設計可能
動画の視聴完了時に、A動画・B動画それぞれにおいて、外部サイトへのリンクやストーリー分岐、アンケートフォームなど、適切な導線を設定することができます。

3.二つの動画、それぞれの視聴レポート
視聴レポートもA動画・B動画とそれぞれ確認できるため、A動画及びB動画ごとの「視聴率・タグ・終了画面」を計測することができます。
※2020年1月末実装予定

▼スイッチング機能の利用シーン
このスイッチング機能は「二面性」が表現できるため、対になるものを対象とした映像において、活用シーンが期待できます。(例:世界感の有無・昼と夜・親と子・男と女・対照的な色・実写とアニメなど)

▼スイッチング機能のご利用について
ベーシックの5動画公開プラン以上でご利用頂けます。

【サンプル動画「We are all unique♪タップで見えるもうひとつの世界」】
ユニークな発想から生まれるイノベーション。インタラクティブ動画で新しい視聴体験をつくるMILが、タップすることで初めて見えてくる個性と多様性を、音と映像2つの動画が切り替わることで「もうひとつの世界」として表現しました。異なる2面性をお楽しみください。

<タッチ形式> タッチ形式サンプル動画
<ワイプ形式> ワイプ形式サンプル動画

詳細は下記リンクにてご確認ください。

PR TIMES