MIL|インタラクティブ動画編集サービス

FAQ

MILを使ってインタラクティブ動画を作ってみたいのですが、難しいでしょうか?

MILでは、動画の登録、タグ付け、公開の3STEPで、誰でも簡単に動画をインタラクティブ化することが出来ます。会員登録後に、無料でインタラクティブ編集を行って頂けます。是非お試しください。

既存の動画をインタラクティブ動画にすることは出来ますか?

動画のmp4ファイル、もしくはyoutubeやvimeoにアップした動画URLがあれば、すぐにインタラクティブ編集を始めることが出来ます。

インタラクティブ動画の制作する際、既存の動画から作る割合と、新規動画から作る割合はどのくらいですか?

既存3割、新規7割程度になっています。新規動画から制作すると、インタラクティブ動画の特長を活かした動画を設計することが出来ます。

制作したインタラクティブ動画はどこで使えますか?

webサイトへの埋め込みや、SNS広告の遷移先でご利用いただけます。その他、MILと提携しているアドネットワーク上での広告配信も可能です。

契約中に他のプランに変更することはできますか?

可能です。但し、プラン変更時には再度初期費用が発生します。

ストーリー分岐動画の場合、視聴回数はどのようにカウントされますか?

HOME動画(分岐元の動画)の再生数が視聴回数になります。よって、複数動画で構成されているストーリー動画であっても、視聴回数はストーリー動画の視聴全体で1回というカウントになります。

視聴回数が制限を超えそうになったら、どうすればいいですか?

視聴回数が制限の8割に達した時点で、登録していただいているアドレスに通知のメールをお送りします。制限を超える視聴回数が予想される場合は、管理画面内の視聴オプション項目から、視聴回数チケットを追加購入してご利用ください。

動画ファイルの容量は、MILのローディングに影響を与えますか?

与えません。読み込みのロジック上、読み込み可能な部分から順次ローディングしていくため、動画尺による影響は受けません。

MILの再生率(読み込みスピード)をあげる方法はありますか?

再生率は「トータル視聴回数÷訪問回数」なので、視聴開始までの初期ローディング中の離脱を防ぐことで、再生率の向上が見込めます。
その為には初期ローディングを短くするのが効果的です。

以下のようにすることで、初期ローディングを短くすることができます。

1.HLS動画(画質が自動調整)を使わないようにする。
※自動調整の場合、最高画質から低い画質へ動画を調整し始めるため

2.目次を設定しないようにする。

3.不要な動画タグを設定しないようにする。

4.表紙画像を削除するか、ファイルサイズの小さい画像に差し替える。
※自動再生ONの場合は削除推奨

5.ローディング画像をファイルサイズの小さい画像にする。

6.設定データを小さくする。
※ポップアップのタイトルや本文など、テキストの総量を少なくする
※動画タグ、終了画面タグの数を減らす
※AdWords連携を無効にしている
※通知機能を無効にしている

7.埋め込みタグの場合、埋め込み元のLPを軽いページにする。

8. CDNを設定する。

対応環境・対応ブラウザについて教えてください

MILで視聴できる環境とブラウザは次の通りです。

対応環境:
iOS 8.0以上、Android 4.4以上、Windows 7以上

対応ブラウザ:
Chrome、Firefox、Safari、Edge、Internet Explorer
※上記のモダンブラウザに対応します。

対応する動画形式について教えてください

MILで対応する動画形式は次の通りです。

動画比率:
横長動画、縦長動画、正方形動画

推奨エンコード:
コンテナMP4、動画コーデックh.264、音声コーデックAAC-LC

解像度・ビットレートについて教えてください

MILの解像度・ビットレートについては次の通りです。

解像度:
720p相当の画質となります。
※スマートフォンは480p相当の画質となります。
※アップロードした動画ファイルの解像度から変更はありません。

ビットレート:
720p相当となります。
※スマートフォンは480p相当となります。
※それを上回る動画ファイルをアップロードした場合は、適切なビットレートになるように変換されます。

フレームレート:
30 fps(1秒あたりのフレーム数)固定です。

解像度とアスペクト比:
MILをブラウザで視聴する際は、動画のアスペクト比を維持したまま、ブラウザからはみ出さないように最大まで拡大して再生します。そのとき余白部分は黒く表示されます。

NG動作環境について教えてください

MILで作成したインタラクティブ動画はWEBページとして公開することができます。

その為、ブラウザなどのWEBページを表示できるアプリケーション上であれば、インタラクティブ動画は動作します。
例)Chrome、Firefox、Safari、Edge、Facebookアプリ内ブラウザ、Twitterアプリ内ブラウザ等

逆に、WEBページを表示できないアプリケーションでは、インタラクティブ動画は動作しません。
例)YouTubeアプリ、Vimeoアプリ、Facebookアプリ(タイムライン等のブラウザ以外の部分)、Twitterアプリ(タイムライン等のブラウザ以外の部分)